大腸内視鏡(大腸カメラ)Large intestine endoscope

診療案内

きたなら駅ビル内科クリニック 北習志野駅直結!

きたなら駅ビル内科クリニック

〒274-0063
千葉県船橋市習志野台3-1-1
エキタきたなら3F

午前 × ×
午後 × ×

午前…9:00~12:00
午後…15:00~19:00
△…14:00~17:00

※平日15:00~16:00と土曜日午後は、
主に内視鏡検査を行っております。

休診…火曜・日曜・祝日

大腸内視鏡(大腸カメラ)

大腸カメラは、下部内視鏡(大腸内視鏡)とも言われ、肛門から内視鏡を入れて直腸から盲腸までの様子を小さなカメラで観察する検査機器で、ポリープやがん、炎症などを調べるのに使われます。
大腸カメラを使うことで、他の検査では識別困難だった大腸の色調変化や粘膜面変化をとらえることができ、小さなポリープでも発見できます。また、疑わしい場所は、生検のため組織を採取することも可能です。

検査は苦痛の少ない挿入を心がけており、希望によって鎮静剤を使用することも可能です。また二酸化炭素の使用により検査後のお腹の張りが少ない内視鏡が可能となっています。

検査前日・当日の注意点

検査の前日

前日の夕食はなるべく早く済ませるようにしてください。

検査当日

食事、飲み物、タバコ、薬などは摂らないでください。

検査直前の準備

大腸をきれいにするために下剤2リットルほどを数回に分けて飲んでトイレに何回か通い、お尻に穴の開いた検査着に着替えます。
※前日から下剤を飲む場合もあります。

検査の手順

1.自宅での準備

前日の昼・夕に検査食を食べていただきます。夜に下剤を内服します。
翌日朝から大腸をきれいにする下剤を飲み始めます。数回に分けて合計で2リットル程度飲みます何度かトイレに通うと、液体のような便(水様便)になります。

検査30分程前にお越しいただき便の状態を確認します。もしもきれいでない場合は浣腸をおこなうこともあります。

2.前処置室での準備

前処置室で検査着に着替えた後、検査室へ移動します。
鎮静剤を希望される場合は点滴をおこないます。

3.検査室での処置
  • ・検査台に横になっておなかをラクにします
  • ・希望により鎮静剤を注射します
  • ・場合によっては、腸の緊張をやわらげる薬を注射します
4.内視鏡検査の開始

・肛門から内視鏡を挿入。力を抜いてラクにします

5.内視鏡検査

医師は、モニターに映る腸内を、隅々まで観察します。検査は数十分で終了します。
※検査時間は患者さんごとで多少異なります。

6.検査終了

検査が終わったら、横になって少し休みます。
気分が悪い時や変調のある時は、すぐに医師に伝えましょう。
すぐに医師に伝えましょう

7.検査後の注意事項
  • ・おなかが張ってくるので、オナラをどんどん出してください
  • ・クルマの運転は禁止です(翌日からOK)
  • ・飲食は1時間後から可能です
  • ・激しい運動は避けてください
  • ・お風呂はシャワー程度にしましょう
  • ・便に少量の血が混じる場合があります
8.外来にて検査結果

後日撮影した画面を見ながら検査の結果を聞きます。
※組織採取やポリープ切除を行った場合には病理結果が出てからの説明となります。

pagetop

© kitanara naika clinic